東京事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階
大阪事務所
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
福岡事務所
〒810-0001 福岡市博多区博多駅東1-5-8 モアグランド博多ビル4階
営業時間
  9:00〜18:00(土日祝日は除く)
休業日
土日祝日
東京事務所
03-5405-2815
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025
相対交渉方式入札方式

あなたはどちらを売却方法を選びますか?

相対交渉方式

相対交渉方式とは、一般的にM&Aの仲介会社を利用する場合に用いられる方式です。

まず、希望の条件に合う買収候補先から1社を選び、条件の交渉を行います。
双方で合意に達しましたら、契約手続きを行います。
また、契約に至らなかった場合は、別の会社と一から交渉を始めることになります。
※この場合、何社かと交渉したものの希望通りの条件で売れそうにないとなりましたら、売却そのものを取りやめることも可能です。

入札(オークション)方式

入札(オークション)方式とは、売却側の情報を著名で公開し、幅広く買収会社を探せる方式です。
買収候補先からそれぞれ条件を提示してもらってから最終的な買収会社を選ぶという方式です。

財務が安定している会社や、長年の経験で培ったお金で買えないようなブランド・ノウハウ・技術・人材を持つ会社など“市場価値の高い会社”を売却する場合や“できるだけ高く売却したい”というケースに向いているといえます。

相対交渉方式に比べて、複数企業に声をかけるので情報の漏洩のリスクが高くなります。そのため、防止対策を万全にしなければなりません。
入札方法を用いた場合、原則として、売却を途中でやめることができません。
したがって、しっかりと考えたうえで進めなければなりません。

M&Aの注意点

売却は、様々な注意と労力が必要になってきます。
  • 相手先会社を見つけることやマッチングに困難が伴う場合もあります。
  • 100%現経営者の思い通りにならないことが多いのが実態です。
  • 相手先会社との交渉や監査への対応に労力を要し、心理的な負担もかかります。
  • 情報の漏洩がないよう、決定するまで細心の注意が必要であります。

どの手法が会社にとって良いのかを判断するためには、
M&Aについて豊富な知識と経験を持つ専門家などにご相談し、
アドバイスを受けることが重要になってきます。

事業売却なびへのお問合せ

事業売却なびをご覧いただき、ありがとうございます。
どのようなお悩みのご相談でも結構です。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

  • 事業売却によるメリットは何ですか?
  • 赤字でも売却できますか?
  • 一部の事業だけでも売却できますか?
  • いくらで売却できますか?
  • 事業売却の流れを教えてください。
東京
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

  お電話でのお問合せ

東京本社
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

受付時間 9:00~18:00
   (土日祝日は除く) 

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

在宅勤務規程、テレワーカーの評価、テレワーク勤務導入でのお悩みを解決。

ガルベラ関連サイト

ガルベラ・パートナーズグループオフィシャル総合サイト

税務・労務・法務・海外進出などの幅広いセミナーを定期的に開催しております。

アプリ開発やシステム開発
IT業界のサポートが可能