東京事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階
大阪事務所
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
福岡事務所
〒810-0001 福岡市博多区博多駅東1-5-8 モアグランド博多ビル4階
営業時間
  9:00〜18:00(土日祝日は除く)
休業日
土日祝日
東京事務所
03-5405-2815
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025

買収側は、どのようなことに注目するでしょう?

買い手の注目点

会社を高く売却するためには、予め、買収会社が注目するポイントを知っておく必要があります。
買収側は、対象企業の事業内容が自社の戦略に合う、資産が自社にとってプラスになるというのは、当然として、他にも以下の点を注目します。

買収金額

買収金額は、M&A最大の交渉条件であります。
売却側は“高く売りたい”、買収側は“安く買いたい”というのはごく自然なことです。

売却側の考えは企業価値=理論的価値+心理的価値です。
買収側の考えは企業価値=理論的価値のため、双方に気持ちのずれが生じてきます。
そこで、M&Aを成功するよう導くためには
売却側の経営者は極力、心理的価値を排除し、客観的な目で自社を判断しなければなりません。

取引先との関係

決算書の内容は、買収を決断する際や買収金額の交渉の際に大きく影響してきます。
買収側が特に注目するポイントは以下です。

  • 資金繰りの状況
  • 不明瞭なコストの有無
  • 現経営者や親族の報酬
  • 役員報酬や従業員への給与
  • 借入れと担保の状況
  • 不動産や有価証券などの有無とその時価
  • 在庫の状況
  • 手形や売掛金、貸付金などの債権の状況
  • 帳簿に載っていない負債などの有無
株主構成

株主構成により、買収が思うように進められないことや買収後に好ましくない株主が残るという不安や恐れを持ちます。
買収会社は、どのような人が株式を所有しているのか、支配権はどの程度なのかといったことを検討してきます。

現経営者の人物像

条件的に折り合ったとしても、互いの信頼関係が築けなければM&Aはまとまりません。
買収会社は、現経営者を、時にはMAの交渉相手として、時にはビジネスパートナーとして、信頼できる人物かを見てきます。
また、中小企業においては現経営者の存在が大きいことから、買収後も一定期間は、会社に残ることを求められるケースが多くあります。

事業売却なびへのお問合せ

事業売却なびをご覧いただき、ありがとうございます。
どのようなお悩みのご相談でも結構です。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

  • 事業売却によるメリットは何ですか?
  • 赤字でも売却できますか?
  • 一部の事業だけでも売却できますか?
  • いくらで売却できますか?
  • 事業売却の流れを教えてください。
東京
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

  お電話でのお問合せ

東京本社
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
福岡
092-477-2025

受付時間 9:00~18:00
   (土日祝日は除く) 

メールでのお問合せは、
24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

在宅勤務規程、テレワーカーの評価、テレワーク勤務導入でのお悩みを解決。

ガルベラ関連サイト

ガルベラ・パートナーズグループオフィシャル総合サイト

税務・労務・法務・海外進出などの幅広いセミナーを定期的に開催しております。

アプリ開発やシステム開発
IT業界のサポートが可能